Sky Theater PROJECT(スカイシアタープロジェクト)公式サイトです。

都内を中心に活動しております演劇ユニット「スカイシアタープロジェクト」のwebサイトです。

いつの間にか少しずつ更新予定ですのでたまにのぞいていただけますとうれしいです。

 

 

最新公演情報

Sky Theater PROJECT 朗読公演

さようならファーストエイジ

2019418日(木)〜421日(日)

十条 Gallery & Cafe FIND (東京都北区上十条2-9-1)

 

タイムテーブル   

4月18日(木) 14:00開演(A) 19:00開演(B) 

4月19日(金) 14:00開演(B) 19:00開演(A) 

4月20日(土) 12:00開演(B) 15:30開演(A) 19:00開演(B)

4月21日(日) 11:30開演(A) 15:00開演(B) 18:00開演(A)

 ※受付開始:開演の45分前/開場:開演の30分前

 

上演時間 約80分

                                                                                            

チケット                                                                                                                               

席種        全席自由(日時指定)

料金        2000円 (前売券・当日受付取置券・当日券 共通)                 

                               

前売開始日     2019年3月8日(金)                                       

チケット取扱       

【前売券】 

 演劇パス https://engeki.jp/pass/events/detail/549         

【当日受付取置き券】

 

 カルテット・オンライン https://www.quartet-online.net/ticket/firstage

脚本・演出・プロデュース 四方田直樹

 

出演 【A、Bダブルキャスト】

 

A、Bともに出演

たきざわちえ象

いつノまな

石松千明

地脇慎也

長尾一広(Teamかわのじ)

 

Aチーム

西川大

丸山小百合

飯塚志織(LIVEDOG/劇団バルスキッチン)

姉﨑凌(時代絵巻AsH)

杉島俊輝

 

Bチーム

川守田佳希

平野彰子(THETRICKTOPS/オレガ・ユナイテッド)

めつぎさとみ

石井卓真

朝城かずあき(ブラッシュアップ・ワン)

 

劇団初期の代表作「さようならファーストエイジ」を朗読公演としてリファイン、再演いたします。
劇団員に加え、オーディションを中心に初顔合わせとなる出演者でお送りする劇団としては挑戦と新鮮を含んだ公演となっております。

会場となりますGallery&Café FINDはエントランスに植物が茂り、会場となるギャラリーは白い土壁に日差しが暖かいとても居心地のいい空間です。
(昼公演は自然光を取り入れての公演を予定)

本公演とはまた違った、ギャラリーならではの試みをお楽しみいただきたいと思います。

『さようならファーストエイジ』ストーリー(あらすじ)

医療技術の進歩によって現在の倍ほども人類の寿命がのびたが、その後、悪性のウイルスによって新しく生まれてくる人類の平均寿命が現在の半分ほどになってしまった近未来。
生まれてくる者たちにしか影響をあらわさないそのウイルスによって、人類は長寿命の祖父母が短命な孫、曾孫……玄孫、続いて生まれてくる自分の子孫の死を看取る様な時代に入ることとなった。

いつの頃から、元の長命な世代を人々は「ファーストエイジ」、続く短命の世代を「セカンドエイジ」と呼ぶようになった。

別れがあり、悲しみがあり、絶望があった。
戦争になったりもした。
停滞があり、模索があり、諦めがあった。
刹那的な享楽が世界を覆ったこともあった。

そして、結局その現実を受け入れた。

ちょっとした発展があり、ちょっとした希望があり、ちょっとした幸せがあった。
それでも人は生きて行くんだ、と。

そして、さらに時代は進み、ファーストエイジたちが寿命を迎える頃となった。
長寿の彼らとて永遠の命があるわけでは無い。緩やかにファーストエイジたちの数は減り、最後の一人。1987年生まれ、243歳「鷹野梨花」を残すのみとなった。

【セカンドエイジのみが人類となるほんのすこし手前の時期、上演される物語はそんな頃のお話です】

 14歳の鷹野萌(たかのきざし)は、鷹野家の本家の三男・鷹野真知の娘で中学三年生。ごく普通のセカンドエイジの少女だ。セカンドエイジの平均寿命は30歳程度。萌は人生の半ばに差しかかろうとしていた。
 鷹野家の子供たちは小学校から中学校までの9年間のうちに一度だけ、夏休みを「おばあちゃん」の家で過ごすことが決まりになっている。萌たち鷹野家の「おばあちゃん」鷹野梨花(たかのりか:おばあちゃん)は当年とって243歳。1987年生まれの人類に残された最後の「ファーストエイジ」なのだ。
 おばあちゃんの家には、萌の遠縁の親戚にあたる大多常(とば)という萌と同年代にしては幼児のような少年と、住み込みで家政婦のようなことをしている細島厘(さいとうりん)というやはり同年代の少女が暮らしていた。思いがけぬ共同生活にトラブルも続くがそのくらしにも慣れた頃、萌は近所の役場勤めの青年・緒秦弦軌(おばたげんき)の勧めもあって、村祭の踊りに参加することになる。弦軌に淡い想いを抱くようになる萌。しかし、弦軌の気持ちはリンにあることを萌は感じ取る。

news

2019.1.3

 

2019年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
昨年、2018年は久しぶりに主宰、四方田直樹が脚本のみならず演出も手がけて臨んだ下北沢 駅前劇場での本公演「エンゼルウイング・シングルウイングズ」。そして、新しく丸山小百合が加わり劇団員のみで参加した桃唄309さんとの短編劇集がスカイシアタープロジェクトの主な活動でした。
そっと新たな一歩を踏み出した年だったように感じておりますが、多くのお客様に作品をご覧いただけたこと改めてお礼申し上げます。

年号が変わる今年、2019年は平成のうちの4月に朗読公演を、新年号となりました後の9月に本公演を予定しております。
4月の朗読公演は劇団初期の代表作「さようならファーストエイジ」を朗読劇にリファインしたものを、
9月の本公演にはこちらも劇団初期に短編連作として上演いたしました「半ライスのタテマエ」を長編として一から再構築した新作としての上演を予定しております。節目の年に合わせて、ということでもありませんがスカイシアタープロジェクトの初期の核となった作品を新しい形でご覧いただきたいと考えております。また劇場でお会いできましたら大変嬉しいです。
本年もスカイシアタープロジェクトをよろしくお願いいたします。

 

 

2018.7.21

 

1)第16回公演、無事終幕のご挨拶と2)第17回公演第一報、そして、3)新劇団員加入のお知らせです。

 

 

1)スカイシアタープロジェクト第16回公演  『エンゼルウイング シングルウイングズ』全公演無事終了いたしました。

 

ご挨拶が遅くなってしまいましたが6月3日17:00の回をもって、全7回の公演を終了いたしました。初めての駅前劇場。実は20周年という節目でした。たくさんの方のご来場、応援、誠にありがとうございました。アンケート、SNS上でもたくさんのご感想や応援のメッセージをいただきました。重ねて御礼申し上げます。 久々の作・演出 四方田直樹で臨んだ作品ということで(本公演では9年ぶりになります。)以前からのお客様から「なつかしい」「まっていました」というお声、近作をご覧になっているお客様からは「コメディでない作品で新鮮」というような感想もいただきました。 劇団としましては来年に次回本公演を予定しております。 また皆様に楽しんでいただける作品をお届けできますよう精進してまいります。

 

と、いうことで↓

 

2)第17回公演第一報です。

 

スカイシアタープロジェクト次回本公演(第17回公演)は

 来年、

2019年9月11日(水)~17日(火) 

下北沢「劇」小劇場

 での公演を予定しております。 一年以上先となりますが、その分、しっかりと時間をかけてご期待にそえる、いや超える作品を準備してまいります。来年の手帳ご購入の際はご予定に記入しておいていただけたら嬉しいです。 タイトルや出演者情報、チケットに関する情報などは随時こちら公式HPで公開してまいります。 それに先立ちまして↓

 

3)新劇団員加入のお知らせです。

 

前回公演「エンゼルウイング シングルウイングズ」、前々回公演「『50ans,j’yvais!(サンコントン ジヴェ!)50歳の私が20代の彼と結婚する方法』」に客演してくれました「丸山小百合」がこの度、新たにスカイシアタープロジェクトの劇団員となりました。

 

丸山小百合(まるやまさゆり)

丸山小百合プロフィールはこちら

 

所属にあたり丸山小百合より一言

「四方田さんの書いたミュージカルに出演したことをきっかけに、Sky Theater PROJECTに出会うことができました。四方田さんの描く世界が大好きで、所属する劇団員の皆様のお芝居と人柄を愛しています。団体と作品に貢献できるよう、頑張ります。

今後ともスカイシアタープロジェクトを宜しくお願い致します。

盛り上げるぞー!!!!!」

      丸山 小百合

 

 

新たに五名となりましたスカイシアタープロジェクトをどうぞご期待ください。