"Sky Theater PROJECT"概要

 

国境という名の線を引き、人が地上を支配しようと、

ひとつしかない海を七つに分け、人が海を支配しようと、

空はどこまでいっても空のままだ。

空に名前はない。

名前のないソラ。

(旗揚げ公演『SKY~名前のないソラ』より)

 

「スカイシアタープロジェクト」は、青空であろうと、雨模様であろうと、夕焼け、月夜であっても「空」が「空」であるように、「ジャンルにこだわらず、客観的におもしろいと思えるものを創っていくエンターテインメント集団」として、立正大学の演劇サークルOBを中心に1997年11月に結成。以後、主宰、四方田直樹を中心として都内の小劇場を中心に、活動を続けています。

近年は「地に足のついたお芝居を丁寧に作っていきたい」という思いを強くし、家族、友人、社会、日常の何気ない、しかし、大切な一瞬を舞台に紡ぎだす作品で作風を確立しつつあります。

 

メンバー (2015.7現在)


四方田 直樹 【主宰】  脚本・演出家 

たきざわちえ象(瀧澤千恵)  俳優

西川大  俳優

石井卓真  俳優


(計4名)


主宰・四方田直樹プロフィール


埼玉県出身茨城県在住、立正大学文学部卒。脚本、演出家。日本劇作家協会会員。

スカイシアタープロジェクト全作品の脚本を担当。日常を舞台としたストレートプレイを主な作風としながらも、ほかに空間製作社作品としてミュージカル脚本(劇中歌の作詞も担当)なども手がける。