2月は28日までしか有りません。

暖かかったり寒かったり、体調崩しやすい今日この頃。

私の鼻は、花粉の気配を敏感に察知し、バカになっております。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

 

どうも、劇団員、石井卓真です。

 

本日は、劇団員が一同に会して(といっても4人ですが)会議して参りました。

11月本公演に向けた相談や9月に作家、四方田の台本で参加する朗読会の話をしました。

 

11月の公演は、昨年の「君に決まってた」に引き続き、コメディタッチのお芝居になりそうです!

今から楽しみ!

 

そこに向けて、新しい出会いのためのワークショップをやろう!

という話も出ております!

 

まだまだ先ですが、少しずつ着実に話は進んでおります!

皆さまもぜひ、11月2週目(6日からの週です!)にチェックをお願いいたします!

 

でわでわ。

0 コメント

2月です!

こんにちは!劇団員、石井卓真です!

 

先日、出演しました。

いちごドロップさんのひとつぶめ

「カフェ・ド・ギロチーナ」終演しました。

 

今回は同世代の方が多く、その中でも自分は年少でしたので仕掛けさせていただきました(笑)

楽しかったなー。

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

劇団としても実は年内に公演が決まりました!

その第一報をチケット予約やアンケートの際にご連絡先をいただいてる方にお送りします!

近日送信予定です!

今しばらくお待ちください。

 

今年はちょっとずつ劇団として皆さんにお知らせしていくことを増やして参ります!

どうぞSkyTheaterPROJECTをよろしくお願いします。

 

石井卓真

0 コメント

明けましておめでとうございます

劇団員、石井卓真です。

 

今年は早くも4日から仕事始めと言う方が多いようで、

今さら新年の挨拶もないかと思います。

が、ともあれ本年も何卒よろしくお願い致します。

 

劇団としての始動はまだですが個々ではすでに動き始めております。

石井も昨日稽古始めでして1カ月後に迫った芝居の稽古をして参りました。

 

個性的で愉快な役者に囲まれ楽しくやっております。

石井も今回は恋濃い役者に埋もれないように仕掛ける気持ち強めで作っております。

個人的にもカフェでの公演は始めてでして、どんな空間がそこに作れるか。

楽しみです。

 

お時間ございましたら2月4日、5日、池袋にお越しください。

詳細はこちら→http://15xdrop.wixsite.com/15xdrop/

 

ちえぞうさんこと瀧澤千恵も21日、25日と阿佐ヶ谷のライブハウスにて朗読に出演します。

日によって出演者も変わるそうです。

詳しいことはこちらからご確認ください→http://ritrovolabo.wixsite.com/ritrovo

 

と、新年早々、各々ではありますが確実に活動しております。

本年も何卒、SkyTheaterPROJECTをよろしくお願い致します。

 

石井卓真

0 コメント

戯曲乱読(2) 坂手洋二「普天間」

四方田です。

 

乱読といいつつ1冊目から1ヶ月強、なにが乱読か、とも言われそうですが2冊目。乱読という方針だからこそ手に取ったタイトル、ということで

 

坂手洋二「普天間」

             

登場人物 14人(女7 男7)。

自分などはコミカルな導入だったのにテーマはヘビー、だとかライトな日常芝居だと思ったら人生を考えさせられた。球技だと思ってたら格闘技だったみたいなお話を好んだりするのだけれど、この戯曲は「ボクシングですよ」と宣言してまごう事なく殴り合う、タイトルに偽りのない作品。秋田雨雀・土方与志記念青年劇場(以下、青年劇場)の公演のための書き下ろし(2011年初演)。

「年間の公演では、青少年のための公演活動(青少年劇場運動)を一方の柱とし、他方、現代日本社会に真っ正面から挑む骨太の創作劇、世界の優れた演劇の紹介など 一般公演・小劇場公演に力を注いでいます。」(青年劇場WEBサイトの「劇団の沿革」より抜粋)

という青年劇場の「現代日本社会に真っ正面から挑む骨太の創作劇」をという要望に坂手さんがきっちり応えた戯曲と夢想。沖縄での綿密な取材から浮かび上がる沖縄の、普天間の基地問題の現実。冒頭にも書きましたが読む前の印象は日常のドラマのなかに否応なく基地を意識する出来事が絡んでくるような話、読中、読後の感想は基地に、政治に一言以上ある登場人物たちによる現状、問題、意識などの告白、告発。例えるべくもなく「現代日本社会に真っ正面から挑む骨太の創作劇」。

ただ、多くのセリフが沖縄ことばで交わされており、この舞台を観劇したら印象は戯曲だけ読んだときの印象よりだいぶ柔らかいのではないかと思ったり。

東日本大震災の年の秋に初演。政治の季節が来る、と思った年から5年でどうだった2016年?この5年はどうだった?そんなことも頭にうかびましたよ。

 

 

0 コメント

師走ですね

劇団員、石井卓真です。

 

先日、『君に決まってた』の映像上映会を兼ねた忘年会を行いました❗

 

SkyTheaterPROJECTの事務所にて。

餃子と酒と肉と酒を囲んでわいわいやりました🎵

一足早い2016年納めでした。

 

と、劇団としては2016年を納めてしまいましたが、私個人としてはまだでございます。

 

『死刑台の上のイヴと電気箱の偶然の出会い』

22日から26日まで、クラスカというホテルの8階にあるギャラリーでの公演です。

詳しくはhttp://www.ne-yanka.comをご覧ください❗

クリスマスシーズンにどことなく絵本のような空気感で贈る作品です。

年の瀬、お時間ございましたら足をお運びください。

0 コメント